上阪徹のブックライター塾とは?

上阪徹のブックライター塾は、ブックライターの上阪徹と書籍編集者の唐沢暁久が発起人として2014年にスタートしました。

ブックライターとは、著者に代わって本を執筆する職業です。

魅力的なコンテンツを持つ著者の多くは非常に多忙です。本を一冊、自身で執筆する時間を捻出できない場合が多くあります。

そこで登場するのが、ブックライターです。

編集者やデザイナーと同様に、本作りに欠かせない職業である、ブックライター。

当塾は、出版界の第一線で本づくりを手がける編集者も多数お招きし、
ブックライターとしてのスキル養成を目指す実践塾です。

塾長メッセージ

上阪徹
「上阪徹のブックライター塾」塾長

ブックライターの上阪徹です。

初めてブックライティングをしたのは2004年。
今では毎月1冊、本を書いています。

著者にたっぷりインタビューをして本を作る。
中には世界的に著名な方もおられます。

こんな職業があるのか、
と驚かれることも少なくありません。

ブックライターという職業をもっと広めたい。
そんな思いから塾を開きました。

第9期(2022年)塾生募集中です

第9期上阪徹のブックライター塾(2022年3月〜5月)の塾生を募集中です。

ご希望の方は、以下のフォームよりご応募下さい。

上阪徹のブックライター塾・Facebookページ

開催概要

第9期開催概要はこちらからご確認ください。

卒塾生インタビュー

受講から3年で独立を決意。「塾に通って、人生が大きく変わりました。
第1期卒業・小林義崇さん
“文章はうまくなくてもいい”という教え。「私にとって“救い”の言葉でもありました」
第1期卒業・佐藤友美さん
テレビ業界から一転、フリーライターに。「2度の受講は、どちらも学びが得られました」
第1期/第3期卒業・田中圭太郎さん
ライター11年目での受講。「“読者のために書く”が自分の軸になりました」
第2期卒業・江藤ちふみさん
膨大な情報から、本一冊を書き上げる。「そのロードマップが描けるようになりました」
第2期卒業・佐藤智さん
“一匹狼ライター”だった私に、ライターの心構えと仲間を与えてくれた場所。
第2期卒業・丘村奈央子さん

スタッフ紹介

唐沢暁久
講談社ビジネス経済書編集チーム長
上阪徹塾長の『職業、ブックライター。』(講談社)編集担当。書籍を一冊書けるライターをたくさん育てるためにリアルで塾ができたらいいなと願って世に出した本から、まさかこんな大きなつながりができるとは!といちばん驚いている人。
米津香保里
運営事務局/(株)スターダイバー
「上阪徹のブックライター塾」立ち上げから参加。塾生の皆さまが快適に学べるよう運営面から塾をサポートしています。新しい期が始まるたびに多くの出会いに興奮していたらあっというまに5年が経っていました。塾運営のかたわら、編集者、出版プロデューサーとして本づくりにも従事しています。
重田玲
運営事務局/(株)スターダイバー
「上阪徹のブックライター塾」第2期よりスタッフとして運営に参加。事務局窓口として、Facebookページの更新や、塾生の皆さまとやりとりを担当しています。ライター・エディターとして本、雑誌、機関誌、Web媒体等の制作も行っています。